労務管理システムを会社に導入して得られるメリットは豊富

サイトマップ

timeismoney

業務効率化は確実に進歩している

PCを見る女性

業務効率化は知らず知らずの内に既に導入ている場合も多いです。
特に労務管理分野では効果を発揮しています。人事担当では実感があるかと思いますが、通常の従業員は気づかない場合があります。
例えばタイムカードやパソコンの起動時間などの記録を収集し、それを基に残業代や勤務時間、給与計算にまで反映させるような人事労務管理システムを導入している企業も多数あります。
労務管理分野での導入は実感がないかもしれませんが、業務効率化は確実に進歩し、どんどんと分野を拡大していっています。
最先端の技術になると、請求書をスキャナーで読み込み、文字認識をして、さらには名前、住所、電話番号などの必要な情報を会計システムに投入するまで自動で行うこともできています。
これのすごいところにAI技術も活用されている点があります。
例えばスキャナーで読み込む請求書などは手書きの場合もあります。この手書きの文字認識をAIで分析、さらには日本各地から集積した手書き文字データから該当する文字を認識していきます。
いわゆるクセ字や殴り書きにも対応してきています。
AIはどんどんと学習していきますので人間が読み取るより正確になる時代がまもなくきます。
大量の受発注業務などもこういったAIを活用することで効率化が図られていきます。

TOPへ